KPB声楽特別セミナー”ルサルカ”

KPB声楽特別セミナー

課題曲
~ A.ドヴォジャーク“ルサルカ”より、月に寄せる歌 ~

Rusalka M

来る2018年1月6日(土)にバウムクーヘン室内管弦楽団第7回定期公演“ニューイヤーオペラ”にて、A.ドヴォジャーク“ルサルカ”を演奏会形式にて上演します。指揮は昨年日本人指揮者として初めて同オペラを本場チェコで指揮したKPB常任指揮者の宮嶋秀郎氏。また同氏と親交の深い元チェコフィルコントラバス奏者のJ.ロハン氏が客演します。この公演を記念しまして、KPBでは日本でも有名でよく歌われるルサルカのアリアの為の声楽特別セミナーを以下の通り開講致します。チェコを中心にオペラ指揮者&コレペティトア&伴奏者として活動する宮嶋氏が、チェコ語のディクションから音楽的なところまで丁寧に指導致します。

 

●募集
受講生:定員12名

●募集対象
ソプラノ歌手、コレペティトア&伴奏者
※プロもしくはプロ志望の方、同等の方、学生歓迎

●スケジュール&会場
2017年、
11月11日(土)北里楽器フェルマータStudio002(西武池袋線江古田駅徒歩4分)
Ⅰ:18:00~19:00 ディクション&アナリーゼ/19:00~21:00
11月23日(木祝)北里楽器フェルマータStudio002(西武池袋線江古田駅徒歩4分)
Ⅱ:10:00~11:00 ディクション&アナリーゼ/11:00~13:00 レッスン
Ⅲ:14:00~15:00 ディクション&アナリーゼ/15:00~17:00 レッスン

※各回4名ずつのグループレッスンになり、レッスンは各30分間になります
※ディクション&アナリーゼではアリアのディクションを中心に行いオペラ全般にも触れます

●受講料
¥15,000
※ディクション&アナリーゼ、レッスン、ルサルカアリアのチェコのオリジナル楽譜&リブレット含む

●申込締め切り
2017年、9月29日(金)
※定員に達し次第締め切りになります

●申込方法
KPB事務局(kpb_tokyo@yahoo.co.jp)へ、氏名・年齢・住所・電話番号・メールアドレス・ご希望の回(Ⅰ~Ⅲより選択)・音楽歴を添えてお申し込み下さい。折り返し確認メール致しますので、その後受講料のご入金が確認できましたら受理となります。申し込みは先着順となります。ご入金頂いた受講料はいかなる場合でも返金致しかねますのでご了承下さい。ご入金時の手数料はご負担下さい。ご入金時の控えを領収書とさせて頂きます。

●振込先口座
振込先口座/ゆうちょ銀行 普通預金 10110‐10297451 名義:バウムクーヘン室内管弦楽団事務局
この口座を他金融機関からの振り込みの受取口座として利用される際は次の内容をご指定ください
【店名】〇一八(読み ゼロイチハチ)
【店番】018 【預金種目】普通預金 【口座番号】1029745

 

≪講師プロフィール≫
宮嶋 秀郎/指揮者&コレペティトア&伴奏者
大阪音楽大学声楽科を経て、オーストリア国立芸術大学指揮科・コレペティツィオン科に学ぶ。指揮をM.ジークハルト、コレペティツィオンをW.デェルナーの両氏に師事。その他、ピアノをM.プリンツ氏に師事。フランスオペラ界の重鎮J.ペリゾン氏の指導を受ける。これまでに新ベルリン交響楽団、ルーマニア国立放送交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢などの各地の主要オーケストラを指揮。国内外にて数多くのオペラ公演を指揮、オペラ指揮者として厚い信頼を得る。チェコで行われたAmeropa国際音楽祭2016にて、チェコオペラ最高傑作A.ドヴォジャーク“ルサルカ”を日本人指揮者として初めてチェコ国内で指揮、各方面より高い評価を得る。またコレペティトア&伴奏者としても活動し、多くの演奏家と共同作業を行う。その他チェコ国立カレル大学より特別講師として招かれるなど、国内外にて指揮・伴奏・声楽等の講習会講師をつとめる。

広告